向陽シスコン株式会社
 

業 務 内 容

安心丁寧迅速対応
修理・保守・校正点検・温度分布測定
当社は、温度計・温調計・炉内温度分布測定・調節計・記録計・計測器・センサー・熱電対・測温抵抗体・シース熱電対・電気炉・乾燥機・恒温槽・制御装置などの販売・修理・保守・校正点検を行っております。
また、各種制御盤の製作や改造などもご相談ください。計測器・検出器・制御装置・制御盤の経験豊富なスタッフが、確かな製品・サービスをご提供・ご提案いたします。
温度制御のメンテナンス、出張修理など、お気軽にご相談ください。修理中は代替計器を可能な限りご用意しています。
営業案内
計測器・検出器・炉内温度分布測定・制御装置・制御盤の販売・修理・保守・校正点検
製造設備

校正点検サービス業務

  • 温度センサー点検・校正
  • 計測機器(記録計・調節計・指示計など)の点検・校正
  • 温度センサー、受信計器との組合せ点検・校正
  • 炉の温度分布測定(真空炉・大気炉・連続炉・電気炉など各種)
校正点検サービス業務

校正点検サービスまでの流れ

 
校正点検のお申し込み  
・弊社にご用命いただき、製品の詳細・台数等の詳細をご明示ください。
 
打合せ・お見積もり  
・現場を確認させていただき、ご希望の日程を打ち合わせさせていただきます。
 
校正点検の実施  
・試験成績書およびトレーサビリティを発行いたします。
・不具合が発見された場合は、修理などの対策をご提案いたします。
 

校正とは?
校正とは、計測機器の精度・機能・動作を確認することです。また、別の表現で言えば,計測機器の誤差を確認する作業になります。

修理とは?
故障、破損、劣化などの壊れた箇所を本来の状態に戻す作業になります。

メンテンスとは
清掃、整備、消耗品交換などを行い一定期間中の保証をするために機器が持つ性能維持する作業になります。

トレーサビリティとは?
トレーサビリティは、「起源をたどれる」の意味ですが計器標準でのトレーサビリティは「企業などが保有している標準機(計量、計測の基となる計量器)または標準物質の値、計量、計測器の値がどの程度の不確かさ国家標準とつながりを持っているかを明確にすること」を言い、この体系をトレーサビリティ体系と呼びます。計測機器のトレーサビリティの確立、標準の維持は、品質・規格・安全面などの基準、仕様が適合しているかの証明として、また計量計測の信頼性、精度の向上にますますその重要性を増しています。

修理・保守・点検 メンテナンスサービスについては、こちらをクリック して、お問い合わせください。
▲TOPへ